>>検索結果一覧へ戻る
有限会社ケイ・アイ・ティー栄デザインセンター

グラフィック・広告, ID・プロダクト
名古屋市内  1997年〜2001年  6名〜10名 
〒460-0008 名古屋市中区栄3丁目18−1 ナディアパークデザインセンター7F3号
052-261-7222  052-261-7223
web@pla-kit.com
http://www.pla-kit.com

ロゴ


有限会社 ケイ・アイ・ティーは創業の精神であります「情報と技術を堅く繋ぐ」の語源でございますKnotting(堅く繋ぐ) Information(情報) Technology(技術)の頭文字を取り、社名として「プラスチックなら何でも来い」とばかりに今日まで歩んで参りました。

情報とは特許であったり、製品開発情報であったり、抽象的なニーズであったり、昨今では様々な形があり、弊社はそれらを最速で量産に結びつけることを身上としております。

特にプラスチック製品の量産移行前の最終決断をするのに欠かせない試作技術に関しては多岐に渡る製造方法に対応し、現在において光造形を始めとする10種類以上の試作方法で評価内容に見合った試作方法を提案できるまでになりました。
また、年数回に及ぶ海外での製造技術調査も、最適な量産方法とは何かを悩まれているメーカー様のお役にたてるものと確信いたしております。

いま、日本の製造業は「開国」という風に晒され明治維新と同じ息吹を体現する時となって参りました。我々零細・中小企業も弥が上にも立ち向かわなくてはならない、そんな時代がすぐそこに来ていると思います。
始めから世界を見た技術開発を、始めから世界を見た製品開発を。
これからのケイ・アイ・ティーはその一助に微力ながらも提案できればと願ってやみません。

今後ともお客様と協力メーカーの皆様には弊社の提案するソリューションにご期待をいただくと共に、一層のご支援ご愛顧を賜りたく何卒よろしくお願い申し上げます。


新商品企画 製品デザイン


代表取締役

水永 敦 (ミズナガ アツシ)

創業者であり現代表


制作事例の紹介


プラスチック製試作品各種
プラスチック製試作品各種

あらゆるプラスチック製品・部品の開発に使用する試作品は制作方法を含めてご相談ください。





※プリントオプションの[背景をプリント]をONにすると見やすくプリントされます。
>>検索結果一覧へ戻る



ホームページ内の画像,テキスト等の無断転載不可。Copyright 2007 IdcN, All rights reserved.